パリ市内・近郊の公共交通

パリ市内・近郊では移動手段として公共交通機関を上手く乗りこなせば
観光の楽しみも広がりますし、短期の滞在では時間の節約にもなります。
ですが、利用するごとにチケットを購入するのは面倒ですね。
そんな時に便利なのが、定期券や一日乗車券です。

公共交通機関を利用するときにまず知っておきたいのが
パリを中心に放射線状になった1から6までのゾーンの区別があるということ。
パリ市内はゾーン1の範囲内ですが、例えばヴェルサイユ宮殿のあるヴェルサイユの町の駅はゾーン
シャルル・ド・ゴール空港駅はゾーン5、アシェールの町の駅はゾーン5に位置しています。

例えば定期券のナヴィゴ(下表参照)なら、パリ市内のみをメトロ、バスなどで移動する場合にはゾーン1−2のものを購入します。
また、アシェールの駅からパリまでの往復、パリ市内の移動にはゾーン1−5用のチケットを購入します。
これはパリ−アシェール間、パリ市内での移動に加え、ゾーン1−5内であれば有効なので
例えばパリの東郊外に位置するディズニーランド(ゾーン5)までも使用できるわけです。

ゾーン地図

また、パリ市内からRER(高速郊外電車)を利用して郊外に出る場合は、乗車時に行き先まで有効のチケットを購入しなければいけません。
降車駅での乗り越し精算はできませんし、所有チケット(パリ市内のみのナヴィゴや1回券など)の
有効範囲外(ゾーン2以上)の場所で検札にあうと、罰金を徴収されますので注意が必要です。

下表を参考にチケット購入を計画して、楽しくトラブルのない観光を満喫しましょう。

(2010年7月1日より新料金になっています)

チケットの名称 詳 細 料金例 注意事項
ナヴィゴ(1週間または1か月定期券)
NAVIGO SEMAINE OU MOIS
パリ市内のバス、メトロ、パリ近郊までのSNCF(フランス国鉄)、RER(高速郊外電車)に乗り放題。
1ヶ月用(1日より月の最終日まで)と1週間用(月曜から日曜まで)がある。
NAVIGO DECOUVERTE(ナヴィゴ・デクヴェルト)と呼ばれるチップつきカードを購入し(5ユーロ)チャージして利用する。
顔写真を貼り、姓(NOM)名(PRENOM)を記入をするのを忘れずに。
改札では専用の読み取り機にかざす。
(注)従来の紙チケット式カルト・オランジュは2008年で廃止になっています。

ゾーン1−2/
18.35(週)・60.40(月)
ユーロ
ゾーン1−3/
23.85(週)・78.20(月)
ユーロ
ゾーン1−4/
29.05(週)・95.50(月)
ユーロ
ゾーン1−5/
33.40(週)109.90(月)
ユーロ など

駅構内、または車内での検札時に、写真不備、氏名未記入の場合は罰金を徴収されます!
顔写真は大抵の駅に設置されている証明写真機で撮れますが(4枚4ユーロ)、よく故障していたり、フランス語の音声説明のみでわかりにくいので、日本から準備したほうがいいでしょう。スナップ写真の切り抜きでも大丈夫です。
モビリス(一日乗車券)
MOBILIS
パリ市内のバス、メトロ、パリ近郊までのSNCF(フランス国鉄)、RER(高速近郊電車)に乗り放題のチケット。
チケットに使用日(日/月の順番に)と姓(NOM)名(PRENOM)を記入する。
事前購入も可能。顔写真は必要なし。
ゾーン1−2/6.10ユーロ
ゾーン1−3/8.20
ゾーン1−4/10.15
ユーロ
ゾーン1−5/13.65
ユーロ など
台紙及びパスケースは最近廃止されました。
チケットは小さく(約5×2.5cm)なくしやすいので、自分でパスケースを用意したほうがいいでしょう。
シャルルドゴール、オルリー空港での乗降時には使用できないので注意しましょう。
チケ・ジューヌ
(若者用一日乗車券)
TICKET JEUNES
25歳までの若者に限り、土日祝日のみ使えるチケット。
使用可能路線、使用方法は上記モビリスと同様。
ゾーン1−3/3.40ユーロ
ゾーン1−5/6.85
ユーロ など
(ゾーン1−2、1−4はない)
上記モビリスと同様の注意が必要です。
また加えて、購入は誰でもできますが、検札時に年齢を証明できるものがないと、罰金を徴収される可能性がありますので注意しましょう。
チケ”T+”(パリ市内・郊外メトロ・バス1回券)
TICKET”T+”
パリ市内、及び郊外までのメトロ、バス、及びパリ市内のRER路線、また郊外の提携私営路線バスにも乗車可能。
バスは1乗車ごとに1チケット必要。
1回券/1.70ユーロ
10枚綴り回数券/12.00ユーロ
バス乗車時はチケットを刻印機に通すことを忘れずに。検札に会うと罰金を徴収されます。
パリ市内からRER路線に乗り継ぎ郊外に出るときは、目的地まで有効なチケットをあらかじめ購入します。出口での精算はできないうえ、車内で検札があり、その地点で有効なチケットを持っていないと罰金を徴収されます。
パリ・ヴィジット(観光者用定期券)
PARIS VISITE
パリ市内のバス、メトロ、パリ近郊までのSNCF(フランス国鉄)、RER(高速近郊電車)に乗り放題のほか、観光施設、レストランなどでの割引やサービスがついている得点ありのチケット。
ナヴィゴと違い、どの曜日からも使用開始できる。
証明写真は必要なし。日本の旅行会社でも事前購入可。
ゾーン1−3/
3日:20.00
ユーロ
5日:28.90ユーロ
ゾーン1−6/
3日:40.50
ユーロ
5日:49.40ユーロ など
カルト・オランジュに比べるとかなり割高。
カード掲示で割引、サービスが受けられる施設も数が少なくマイナーなところが多いような。
滞在が2週に渡ってしまう時(日曜から火曜、土曜から水曜など)は、ナヴィゴが購入できない、または2週分必要となるので、こちらの方がお得です。

★ ★ ★ ★ ★

ニ・ドゥ・シゴーニュへお越しの皆様へ

パリ市内の観光をする時にはアシェール−パリ間のチケットは片道4.40ユーロ(10枚綴り35.20ユーロ)
パリ市内でメトロ、バスでの移動時に1回1.70ユーロ(10枚綴り12.00ユーロ)かかりますので
4日以上(月から日曜の同週で)パリまでの往復の予定の場合には、ナヴィゴ(ゾーン1−5/1週33.40ユーロ)がお得です。

ナヴィゴ、モビリス(一日乗車券)では、アシェール市内のバス、アシェール−サンジェルマン・アン・レー間のバスにも乗車できます。
1回券は1.70ユーロ、またはパリのメトロ・バスと同様のチケット(チケT+)が使用できます。

25歳以下の方には、土日祝日利用でしたら、一日乗車券(チケ・ジューヌ6.85ユーロ)が断然お得です。

また、空港からアシェールまで電車を使ってお越しいただく場合、片道12.55ユーロ
アシェール−ディズニーランド間片道10.55ユーロ、アシェール−ヴェルサイユ間片道5.10ユーロ
といった料金もご参考に、チケット購入のご計画をお立てください。

アシェールの最寄り駅(Achères-ville)からニ・ドゥ・シゴーニュへのバスのご利用は
こちらのページをご参照ください。
アシェールの町のバスについて

 

 

 

 

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO